東京外国語大学アメリカンフットボール部PHANTOMS

リレー日記「Never give up!」

 

 こんにちは。平田君からバトンを受け取った、最近免許を取って浮かれ気味のイタリア語科1年の堀口 祐です。ドライブする時は安全運転を心がけたいと思います!

 

 センター試験を終えた皆さん、お疲れ様でした。自己採点をする瞬間は本当に緊張されたことでしょう。私は、自己採点をした後、散々な点数だったので問題冊子をぐちゃぐちゃにして捨てました。今回の試験で、満足のいく結果を出せた人は、気を緩めることなく、私大や2次試験に向けてそのままの調子で頑張ってください。

 さて、ここで昨年の私の話をしたいと思います。先ほど述べた通り、私はセンター試験で大失敗しました。外大の方式で換算すると、450点満点中360点でした。センターリサーチの結果もE判定で、予備校のチューターには受験校を変えることを勧められました。しかし、私はどうしても外大に入りたくて、9月から2次試験の過去問を解いて、合計10年分を2周やりました。また、予備校の合格判定というものをそもそも信用していなかったので、それらを見返してやろうという強い気持ちもありました。

 そうして迎えた2次試験当日は、自信と強い気持ちがあったおかげか、特に緊張することなく受けることができました。受け終わってからは落ちたかなあと思っていましたが、見事合格することができました。

 入学してからわかったことですが、私は言語文化学部のイタリア語科の中でセンターの合格者最低点でした。本当にギリギリだったと思います。だから、センター試験で思うような結果を出せなかった人も最後まで諦めずに強い気持ちを持って突っ走ってください。妥協したり手を抜いたりすると絶対に後悔しますよ。それでは、みなさんのご健闘をお祈りします。

 

 次は、ユーモアに溢れる 木田君にバトンを渡したいと思います。

木田君はとてもユニークでいつもみんなを笑わそうとしてくれます。笑

 

【告知】

センターを受けた受験生の皆さん、お疲れ様でした(^ ^)。全国各地で雪が降ったりと、悪天候の中の試験でしたが、どうでしたか?明日1月17日に、2017年度受験生の方向けの座談会第2弾の記事を更新します。今回は、センター直後、みんなはどう過ごしていたのかや2次試験の勉強法などを聞いたので是非みてくださいね。

 

| PHANTOMS日記 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://www.tufsphantoms.net/trackback/1246525