東京外国語大学アメリカンフットボール部PHANTOMS

主務日記【2】

うだるような暑い日が続いております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

8月よりシーズンインを迎え、暑さに負けず練習に励んでおります。
あっという間に春シーズンが終了し、気がつくと初戦まで残りわずかとなりました。
焦りと不安を感じるこの時期を有意義に過ごすために、自分が部活を通して何を達成したいのかを見つめ直さなければなりません。

アメフトがやりたかった、先輩に憧れた、雰囲気が楽しそうだった、勧誘された・・・など、入部のきっかけは人それぞれです。
授業以外の時間を自由に過ごすことのできる大学生活において、部活をすることは決して楽な選択ではありません。
部活によって犠牲にすることもたくさんありますが、私は三年以上部活を続けてきた中で、「個人では到底達成し得ないことを皆となら成し遂げられる」という部活特有の魅力を感じています。

どんな目標であっても、達成するためには自分に厳しくなければなりません。しかし、自分ひとりで自身の甘さや弱さを無くしていくことはとても難しいことです。
部活では、同じ辛さや苦しみを経験している仲間がいます。彼らを見ていると、個人的な言い訳は通用しなくなります。加えて自分の言動がチームに影響を与えてしまうというプレッシャーも非常に大きいです。しかし、入部の理由や長所、短所も多様な私たちだからこそ、それぞれの足りないところを補う合うことで、ひとつの目標を達成できるのではないでしょうか。
こうした何にも代え難い貴重な経験を、私はファントムズで体験できる、体験しなければならないと思っています。

今年のチームの目標はリーグ優勝です。
生半可な努力では達成できない大きな目標です。だからこそ、ひとりではなく全員で努力し続けなければなりません。
目標に更に近づけるよう、まずは来週からの合宿に全力で臨みたいと思います。

 

主務 中川 華

| PHANTOMS日記 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
主務日記【1】

 

初夏の風が半袖に心地よい季節となりました。皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。

先日、ICUとの定期戦を終え、春シーズンも残りわずかとなりました。

春に取り組んできたことの結果を出す舞台として設定した定期戦において負けてしまったことで、これまでの取り組みへの姿勢に甘さもあったことを痛感しました。一人ひとりがこうした危機感を持って、部活に向き合っていかなければなりません。

今年の定期戦はICUのグラウンドで行われ、人工芝に気持ちが高揚していた選手も多かったようです。普段は土のグラウンドで練習を行っており、あまり恵まれてはいない環境に不満を漏らしたくなる時もあります。

一方で、狭いグラウンドだからこそ、お互いの声が聞こえ、顔を見て練習ができるという良さもあります。

秋のリーグ戦で結果を出し、どんな環境であっても上を目指していけるということを、まだ見ぬ後輩たちにも示せるようなチームでありたいと思っています。

 

4年 主務 中川 華

| PHANTOMS日記 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「前期試験」

春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ホームページ担当の吉村です。さて、受験生の皆さん、先日は前期試験お疲れ様でした。座談会の内容が少しでもお役に立てていたらとても嬉しいです。長かった受験生活もひと段落しましたね。後期試験を視野にれている方は、気持ちを切り替えて勉強に励んでください。【宣伝】後期試験に関する座談会の記事を近いうちにUPするので是非みてください。前置きはそろそろ終わりにしますね。今回のリレー日記は新2年QBの上名主くんです。


 

こんにちは!大きなお目目が印象的なポルトガル語科新2年QBの上名主(かみみょうず)です。どんな目をしているのかと気になったそこのあなた!是非気晴らしにPhantomsの部活に足を運んで確認してみてください!!

さて、先日のビックイベントといえば前期試験!!!!

みなさんはPHANTOMS-ROAD(仮称)を通ってガレリアへ向かわれましたか?朝から緊張と不安で押し潰れそうやのに呑気に騒いどるんちゃうぞ!と思った受験生が大半ですかね、、(笑)僕は浪人したのですが、2回ともきっちり狭い間をティッシュとチョコをもらいながら歩いて行きましたよ(^ ^)!

そんな前期試験の様子ですが、親子揃って通っていただいたり、ハイタッチしながら通ってくれたり、中には「ブログ見てます!」や「受かったらPhantoms入ります!」などめっちゃ嬉しいこと言ってくださる受験生もいて、ほんまに全力が出せるように応援していました!!未来の外大生、そして未来のPhantomsの部員に会えるのを楽しみに待っています。

前期試験が終わってひと段落つくとともにテストの出来に一喜一憂していることかと思います。僕が一つ言っておきたいのは、自分の決めたこと・やりたいことは曲げずに貫き通すこと。後悔のない生き方をしましょう!僕自身についてはまた、日記が回ってきた際に詳しくお話しできたらと思います。

それでは次は僕以上に魅力的で、最近の目標は大学生をすること、DBの千葉くんにバトンを渡します。

| PHANTOMS日記 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「最後まで」

こんにちは。恋ダンスを踊ったことから星野源と言われ、携帯ではなくタブレットを使っている、ロシア語科1年LBの安益模(アン イクモ)です。僕は韓国人なので、残念ながら皆さんが試験に合格して外大でアメフトを楽しむ頃は、自分は兵役があるので韓国で軍人となって頑張っています。なので、みなさんと会えるのか微妙なところです。(寂しいですね。)

さて、もう前期試験を残すところ4日ほどとなりました。みなさん調子はどうですか。自分は去年のこの期間YouTubeでゲーム実況を見ていました。というのもこの時期に早稲田大学の合格発表がありまして、ありがたいことに合格できていたので、気が抜けてました。

しかし、当たり前ですが試験に舐めてかかると痛い目にあいます。2時限目に世界史の試験があったのですが、その間にトイレに行かなかったのです。得意な世界史だしなんとかなるだろうと、甘く考えていました。すると、当然のごとく、後半になるとトイレに行きたくなりました。そのお

かげかどうなのか、世界史受験者なら誰でも知るであろう明の時代の鄭和が出てきませんでした。また、野口英世も出てきたのですが、どうしても思い出せなかったのと、確か当時ちょっと前に出てきて一躍有名となった議員のおかげで野々村としか出ませんでした。なにも書かないのは癪なので「鄭」という字は「ののむら」とひらがなで書いて出しました。

なにが言いたいかというと、しっかりやることをやって、休憩時間はトイレに行って、諦めずに試験を受ければ、きっと運はあなたの味方になってくれます

このブログを見ていただくとわかると思いますが、他にもセンター失敗したり受験票を忘れたりするなどいろいろなハプニングが起こります。試験が終わったとに、あぁ駄目だなぁ...とか落ちた...とか思うかもしれません。だけど、月並みではありますが、とりあえず試験だけは最後まで諦めなかった人が受かると思います。

蛇足ではありますが、自分は第一志望のセンター試験の判定がD判定でした。2次試験の英語本番でも「5分後にリスニングの試験が始まります」と3回4回ほど同じことを繰り返した挙句、15〜20分ほど遅れて放送されました。英語でも長文の文字数が増えたりリスニング自体難しくなったり、かなり難化しました。このとき諦めたり、イライラしたらダメです。ちなみに自分の隣の男子は、それに諦めたのか長文はまるまる白紙でした。後ろの女性も解答用紙を集める際にチラッと見えたのですが、長文が白紙でした。未だその二人に、大学で会っていません。また、試験中は周りの人のページをめくる音や貧乏ゆすりなど注意がそれる要因がかなりあります。が、イライラしたらダメです。

近頃、大学の一般入試は個々の良いとこを評価できないと批判されています。数字で人は評価できないと。センター試験もなくなるとの噂です。しかし一般試験は、人にあれやこれや言われようと、勉強を努力して諦めさえしなければ評価されます。他の試験や面接より、本当に純粋な自分の努力があらわれる場だと私は考えます。

ぜひ、みなさんには自分に自信を持って、ハプニングにも落ち着いて最初から最後まで入試を走り抜けてほしいと思います。

我々PHANTOMSは性別国籍問わず、みなさんをお待ちしております。

思った以上に、書いてたら感情が入ってしまい話がそれたり長くなりました。

次は、目が非常に魅力的なQBの上名主くんにバトンを渡したいと思います。

| PHANTOMS日記 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「ダメもとが成功のもと?」

こんにちは、ポルトガル語科1年RBの木村です。

2月に入り、PHANTOMSもプレシーズンインしました!2ヶ月ほどのオフ期間を経て、久々にアメフトをしています。

受験生にとっては緊張と不安の時期ではないでしょうか。去年のこの時期は僕もストレスであまり勉強に手がつかず、ご飯も喉が通らないという生活を送っていました。ここで一つ、自分の体験を書きたいと思います。

前期試験当日、英語の試験...僕は英語ができるわけではなかったので、いかに早く解けるかがカギでした。しかし、案の定解答に手こずり試験時間ギリギリで英作文を丸ごと残してしまいました。ここで悩んだのは、英作文に手をつけるべきか、すでに解いた問題を見直すかということでした。予備校では英作文は指定語数を満たさないと点数にならないということを教えられていたので残り時間わずかで英作文に取り掛かることはとてもリスキーでした。そうした状況の中、非常に悩みましたが英作文を丸ごと白紙では出したくないという一心で英作文を書き始めました。内容も決して良いものではなく、(1)(2)ともに指定語数に満たないという結果でしたが、今思うとあの時の決断が合格をもたらしたのではないかと思います。

すべての人に当てはまるとは限りませんが、ヤバイと思ったときこそ攻めの姿勢を貫いた方がいいのかもしれません。

 

次は、TUFSBowlで恋ダンスを披露してくれたLBの安くんにバトンタッチしたいと思います。

| PHANTOMS日記 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年度受験生の皆さんへ /2次試験前

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。ホームページ担当の吉村です。

受験生の皆さん、こんにちは。2月に入り、私大受験もいくつか乗り越えた頃だと思います。もうすぐ全国の国公立大の一般試験もあり、まだまだ受験のシーズンは続きますね。

我々Phantomsも2月のはじめからプレシーズンインしました。受験生の頑張りに負けないよう、本格的なシーズンインに向けて、Phantoms一同、練習に励んでいます。

さて、このHPを見てくださっている受験生、また高校生の皆さんの多くはこの東京外国語大学を志望している方達だと思います。今回は、この1年間の勉強ではなく、この2週間弱の期間の勉強に重きを置いて色々と聞いてみました。実際にこの受験を乗り越えてきた部員たちから生のアドバイスを得ましょう!


まずは自己紹介をお願いします。

名前(ポジション:通称)学部・専攻語:センターリサーチの結果:志望理由】

横溝 佳那子(MGR : かなこ)言文・アラビア語:A:イスラーム文化と宗教に興味があったから。

錦織 教子(MGR:きょうこ)言文・英語:A:英語が好きだから。

堀口 祐(LB:たすく)言文・イタリア語:E :おしゃれな感じがしたから。

荻野 耕平(DB:おぎ)国社・ポルトガル語:C:サッカーが好きだから。

 


それでは早速きいていきましょう。

Q1 2次試験のリスニングはどうやって勉強していましたか?

きょうこ:センター終わってあんまり勉強したくなかったから、BBCとかAFNとか聴いたり、字幕なしで洋画観たりしたよ。ちなみに赤本についてるCDとかは参考にしないほうがいい。私もあれ聞いて結構余裕やんとか思ってたけど、本番の音声はスピーカーの機器不良かな?って思うくらい音質が悪いから。そこで外大のリスニングが難しいって言われてた理由がよくわかった。笑 実際私も本番全然できなくて試験中に泣いてたから参考になるかわからんけど笑

かなこ:それわかる!うちもラジオとか洋楽聴いたりとか洋画観てたりしてた。あとは先輩から薦められたリスニングの参考書一冊(東大英語リスニングSUPER アルク出版)買って問題解いて、単語チェックしてまた効くみたいなの繰り返してた。

 

他にもBBCなども、使えると思います!かなこは英語のヒアリングがとてもいいので、この勉強法はかなり役に立つかと思います!


Q2 外大とレベル、傾向が似ていて、実際に過去問を解いた大学を教えてください。

かなこ文埋めのやつは早稲田の文と文構、単語埋めのやつは慶応の商と文の(5)ぐらいにあったから解いた。

おぎ:過去問は似たところとかよくわかんなかったので、とりあえず外大の解きまくりました。

きょうこ:特に傾向とか考えずいろんなところのを解きました。京大、阪大、同志社の問題は英語力というより読解力を養えるのでタメになったよ。

たすく:俺も外大の過去問をひたすら解きました。

 

意外と外大の過去問だけを解いていたという意見が多いですね。他にも、リスニングは東大のものを解いていたという声もちらほら聞きます。新しく問題を探すのもアリですが、過去問を繰り返し解いて語彙などを完璧にしていくことの方が望ましいと思います。


Q3 本番は緊張しますか、また気をつけるべきことはありますか?

きょうこ:周りの雰囲気に流されて焦らないように、好きな音楽聴きながらぽけーっとしてたのであまり緊張しなかったよ。ちなみに、私はセンターの受験票を実家の兵庫に忘れました。まぁあんまりないと思うけど、持ち物確認しっかりね(笑)

かなこ:教室はいったらちょっと緊張したなぁ。休み時間は周りの声聞きたくなかったから、ずっとなんか聞いてた気がする。学校ついて中にはいるまで時間かかるから結構早めについたほうが安心だと思う。あと廊下がすごく寒いし、トイレもすごく混むので、行くときはカイロや単語帳を持って行くのが◎。

おぎ:ぜんぜん緊張しなかった。とにかく楽しもうと思った。ご飯はちゃんと食べるといいです。

たすく:あまり緊張しなかったかな。おもしろかった出来事とか、友達の顔とかを思い浮かべてた。

 

外大に来た方はわかると思いますが、研究講義棟という、試験が行われる建物に入るまでに、円形広場に長蛇の列ができます。試験当日は冷え込むことが予想されますので、カイロは必需品の一つです。


Q4 受験において後悔していることはありますか?

きょうこ:大好きだった部活も最後までがんばったし後悔したことはとくにないです。高校生活でしかできないことはたくさんあるので、受験をいいわけにせず、学校生活を優先して大切にしました。

たすく:学校さぼって東進行っていたことは少し後悔しています。

かなこ:そんなに後悔したことはないかなぁ

おぎ:後悔はなにもありません。部活もやりきったし、受験期も友達と楽しく過ごせたので。


Q5 最後に外大のいいところと受験生に一言お願いします!

きょうこ:個人的に外大で好きなところはパリピすぎないところです(笑)本番は楽しめたもん勝ち!応援してます!

かなこ:外大のいいところは世間が狭いとこかな(笑)周りを気にせず自分のベストを尽くせるようにがんばってください!

おぎ:外大のいいところは、大学に来るのにいちいち気張らなくていいところです。楽ですよ。とにかく楽しんで、乗り切ってください!

たすく:外大のいいところはいい意味で私服に気を配らなくていいところかな。僕のリレー日記にも書きましたがNeverGiveUpです!

 


みなさん外大のいいところとして居心地の良さをあげていますね。1、2年生は語学の授業が多く、外語祭でも、専攻語ごとに出し物をするので、高校までのクラスメートのような繋がりができます。また、縦との繋がりが強いことも外大のいいところの一つだと思います。

例年のこの時期と比べて、今年は暖かいですが、雪の予報などもあるので、残りの2週間、気を緩めずにがんばってください。

本番で100%の力が出せるように、体調管理をしっかりと行ってくださいね。

 

3月に多くの後輩に会えることをPhantoms一同、待ち望んでおります。

| PHANTOMS日記 | 03:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「潮の香りに誘われて」

こんにちは。木田くんからバトンを受けたポルトガル語科1年の荻野耕平です。
私事ですが先日グアムに友達と旅行に行ってきました。


グアムは年中あたたかく、青い空美しい海に癒されてきました。また、日本と違って時間の流れがのんびりしていて、シーズンの疲れを取ることができました。
一緒に行った友達というのが、12年間グアムに住んでいた子で、彼に彼の運転で色んなローカルな場所にも連れて行ってもらえて、普通とは一味違う旅を楽しむことができました。このように外大には世界の様々な地域から生徒が集まります。そういった人と友達になることで今回の僕のように人とは違った経験ができます。
みなさんもぜひ、外大に入学して普通とは一味違う経験をしてみてはいかがでしょうか。

さて、次は我がphantomsが誇る高速ランニングバック、木村くんにバトンタッチしたいと思います。

| PHANTOMS日記 | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「今が踏ん張り時」

こんにちは!皆さんいかがお過ごしでしょうか?

堀口君からバトンを受け取ったイタリア語科1年の木田雄一郎と申します。最近寒さが厳しいですが、風邪などをひかないように体調管理等気をつけてくださいね。

さて、外大の前期試験があと一ヶ月ちょっとに迫ってきましたが、今回は勉強のことではなく、僕なりの勉強の間の息抜きの仕方を教えたいと思います。うまく気分転換すれば勉強の効率もグンとアップしますよ。

僕は受験生時代、この時期は1日10時間以上は勉強していたと思います。ただ、時間を稼ごうとするあまり勉強の質が下がってしまっていることに気づきました。集中力を欠いた状態でいくら勉強してもあまり効果は見込めません。そこで僕が提唱したいのがサンドウィッチ勉強法です。(なんだか美味しそうですね...)

これは思考力を必要とするような勉強(過去問演習や論述など)と暗記などの単純作業を交互にサンドするというものなのですが、勉強の内容を変えるだけで飽きずに集中力が長続きしやすいです。他には体を動かすなどすると脳への血流が良くなって頭が冴えますよ。是非お試しあれ。

では次は自分に厳しい男、外大の"松岡修造"こと荻野耕平君にバトンを渡したいと思います。

| PHANTOMS日記 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「Never give up!」

 

 こんにちは。平田君からバトンを受け取った、最近免許を取って浮かれ気味のイタリア語科1年の堀口 祐です。ドライブする時は安全運転を心がけたいと思います!

 

 センター試験を終えた皆さん、お疲れ様でした。自己採点をする瞬間は本当に緊張されたことでしょう。私は、自己採点をした後、散々な点数だったので問題冊子をぐちゃぐちゃにして捨てました。今回の試験で、満足のいく結果を出せた人は、気を緩めることなく、私大や2次試験に向けてそのままの調子で頑張ってください。

 さて、ここで昨年の私の話をしたいと思います。先ほど述べた通り、私はセンター試験で大失敗しました。外大の方式で換算すると、450点満点中360点でした。センターリサーチの結果もE判定で、予備校のチューターには受験校を変えることを勧められました。しかし、私はどうしても外大に入りたくて、9月から2次試験の過去問を解いて、合計10年分を2周やりました。また、予備校の合格判定というものをそもそも信用していなかったので、それらを見返してやろうという強い気持ちもありました。

 そうして迎えた2次試験当日は、自信と強い気持ちがあったおかげか、特に緊張することなく受けることができました。受け終わってからは落ちたかなあと思っていましたが、見事合格することができました。

 入学してからわかったことですが、私は言語文化学部のイタリア語科の中でセンターの合格者最低点でした。本当にギリギリだったと思います。だから、センター試験で思うような結果を出せなかった人も最後まで諦めずに強い気持ちを持って突っ走ってください。妥協したり手を抜いたりすると絶対に後悔しますよ。それでは、みなさんのご健闘をお祈りします。

 

 次は、ユーモアに溢れる 木田君にバトンを渡したいと思います。

木田君はとてもユニークでいつもみんなを笑わそうとしてくれます。笑

 

【告知】

センターを受けた受験生の皆さん、お疲れ様でした(^ ^)。全国各地で雪が降ったりと、悪天候の中の試験でしたが、どうでしたか?明日1月17日に、2017年度受験生の方向けの座談会第2弾の記事を更新します。今回は、センター直後、みんなはどう過ごしていたのかや2次試験の勉強法などを聞いたので是非みてくださいね。

 

| PHANTOMS日記 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
リレー日記「僕を反面教師にしてください」

 

どうも、れいくんから紹介にあずかった平田です。

みなさんは年末年始どのように過ごしましたか。僕は胃腸炎にかかってしまい、美味しい料理が食卓に並ぶこの時期に食べ物を食べれないという辛い年末年始を過ごしました。みなさんは体調には気をつけてください。特に受験生の皆さんは大事なセンター試験が目前に控えていますから。

 

さて、ここで僕の失敗談を一つ。それは合格者に向けて大学から諸々の書類が届けられた日のことでした。入学手続きに必要なものを準備していると大変なことに気づきました。あれ、受験票が...ない....

平田、絶句です。

センター受験票、前期試験の受験票ともに紛失してしまったのです。すぐにセンター受験表は再発行手続きしたのですが、前期受験票は自分ではどうにもならず、泣く泣く大学の教務課に電話したところ、顔写真付きの身分証明証があればいいとのことでした。

ここで地元が鹿児島だった僕はもう一つ質問しました。

「あの、郵送でも大丈夫ですか?」

受験票がない場合は学校に直接来てください。

「あ、はい...」

急いで東京行きのチケットを買い大学へ行きました。すごくたくさんの合格者がいましたが受験票を無くしたのは見た限り僕だけでした。結果、なんとか入学手続きは済み、改めて物の管理をしっかりしようと思いました。

こんな話誰のためにもならないのですが、もし読んで、こんな間の抜けた人でも受かるんだとリラックスしていただければ幸いかなと思います。

次は、僕と違い年末年始を満喫し免許まで獲得して、浮かれ気味のたすく君にバトンを渡したいと思います。

 

P.S. 

寒い日が続きますが体調管理をしっかりして、万全の態勢でセンター試験に臨んでくださいね。PHANTOMS一同、受験生の皆さんのことを応援しています。

| PHANTOMS日記 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |